2008年10月16日

またブリーダーの飼育放棄

またブリーダーの飼育放棄・・・

狆の親子、Mダックス二頭、シーズー・・・

素人目から見てもあまりの状態の悪さに、狆&シーズーだけ慌てて病院に連れて行きました。

狆の母犬は、5歳位ですが・・・白内障です。

外をどう歩いていいのか分からないのか、しばらくケージから出てきませんでした。





皮膚がボロボロで、疥癬かと思ったのですが、「ニキビ炎」でした。

健康な仔がかかる病気ではありません・・・。





酷いかゆみがあるようで・・・この仔は自ら皮膚を噛み千切っていました・・・

(注・傷があまりに痛々しいので、モザイクをかけました)

狆の仔犬も、体中の皮膚がボロボロで母犬と同じ「ニキビ炎」。

小さい体には、信じられないくらいのダニ、そして皮膚がボロボロ・・・





私達と同じ人間から、こんな酷い目にあわされてきたのに・・・

人間が大好きで、とても人懐っこく健気な仔なんです。




ニキビ炎は、完治する事は非常に難しいそうです。

いつ再発してもおかしくない皮膚の病気だそうです・・・




この仔達を見て・・・ネットやテレビや雑誌に出てくる「狆」との違いに驚きました・・・

酷い環境に居たこの仔達は・・・きっと・・・器量は悪いのでしょうね・・・

でも・・・だから・・・どんな狆にも負けない位幸せになって欲しい。




ダックス二頭は、凄く仲良しの甘えん坊さん達です(=´∇`=)





この仔は・・・体を撫でるとコロンとおなかを見せて心地良さそうにしています♪




一方のこの仔は・・・「私も触って♪」と撫でてる手の上にアゴを載せてきて本当に可愛いです♪






そして・・・




更に酷いのは・・・




疥癬のシーズーです。








こんなになるまでほったらかしで繁殖犬として利用され、用がなくなったらポイですか・・・

痒くて痒くて辛かったよね・・・

この仔は、2~3ヶ月の隔離が必要なので、事務所のケージにいます。

狆親子とシーズーの受け入れをどうするか聞かれましたが・・・

「とにかくできる事は何でもやってみよう。少しでも生きる可能性にかけてみよう」

私も石ちゃんも同じ答えでした。




命の期限は今日から一ヶ月・・・治療が終わるのは2~3ヵ月後・・・

治療を引継ぎしてくださる方・・・健康な狆やシーズーより器量は落ちるけど・・・

それでも・・・という方がいるかもしれない・・・




今回の持込のブリーダーは・・・

前回のキャバリアちゃん達を連れてきたブリーダーと同じだったのです!

それを聞いて・・・ビックリしました。




こんな事が繰り返されても良いのかと・・・




「ひまわりの家」は、一体何なんでしょうか・・・




ブリーダーを救済するために建てられた施設なのでしょうか・・・




私達は、ブリーダーの為にここで働いているのでしょうか?




腹が立つという感情よりも・・・なんだか悲しいです・・・




今もこの仔達のように、皮膚病で苦しみ、体中ボロボロになってる仔達が

いるという事ですよね・・・?




ひまわりの家って・・・




なんだろう・・・




そう思っても・・・









日向ぼっこして気持ち良さそうにしているみんなの顔を見ると・・・




この仔達には時間がない・・・とにかく目の前の命を・・・




今は頑張らなきゃね・・・




棒状の物を持つと怯える叩かれてた環境に居たモモちゃん・・・

日に日に甘えん坊になっていきます。

甘えるときは、耳をこれでもかっ!という位後ろに倒して坊主頭のようになります(^^;;)




メタボなテリちゃん・・・

どっしり構えた性格ですが、嫌なものは嫌だと言えるしっかり者です。






ちょっとドジが多い天然のシュッ君・・・

抱きつく事が大好きで、よく甘えるようになりました。お顔はなかなかの色男です。





一番声の出るコイツ君・・・

ヤンチャ坊主そのものですが、自分より小さい子にはとても優しいです。

人間で言う5歳児位のやんちゃぶりがたまらない位可愛い仔です。





そして・・・新入りの母ちゃん・・・

管理所では声ひとつ出せず、不安と恐怖と戦ってきました。

五匹の仔犬を育てました。お母さんとは思えないくらいの小さなやせ細った体です。

今日は、久しぶりの太陽の下でノビノビとしていました(=´∇`=)







もうすぐ・・・命の期限の切れる仔もいます・・・。




この仔達の為にではなく・・・私達がこの仔達を死なせたくないんです。




もう一度生きるチャンスを与えられた仔・・・死なせてはいけない仔達なんです。




ただそれだけなんです。





                                       記事・スタッフxxゆみxx


  


Posted by ひまわりの家スタッフ at 01:42過去の記事 2008.4~2009.3