2010年12月31日

大晦日の夜に





今年も残り僅かとなりました。

ひまわりの家の活動を通して学ぶことがたくさんありました。
「命の重み」をわかっていたつもりが、まだまだ未熟であることを思い知らされた時の悲しみの日々や、辛い時に支えてくださった獣医師会の先生方の慈悲深い温かいお心と素晴らしい実行力に感動した日や保健所の職員さん達との日々の仕事を通して心が通い合うのを感じた日・・・・。

そして全国のひまわりの家の犬と猫にお心を留めてくださっている皆様のお陰で、今年も無事に終える事が出来ました。
たくさんの支援物資が届きました。
荷造りや送料を思うと申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、犬や猫たちにとってはとてもありがたい物ばかりでした。
ひまわりの家にわざわざ届けてくださる方も大勢いらっしゃいました。
本当に本当に全ての方に心から感謝しています。ありがとうございました。




ひまわりの家に迎える子達は、きちんと管理されないままに持ち込まれた子や遺棄された子や迷子になって家に帰れなくなった子達です。
どの子も体や心にケアが必要な子達です。
人間と同じように、環境にすぐに慣れる子やなかなか心を開けないでいる子もいます。
虐待に遭っていたのでしょうか、箒やブラシなどの長い棒を見るだけで怯える子、男性を見てしり込みする子、少しの物音で怯える子・・・・・・その現実を目の当たりにして胸が痛くなります。

その子の性格を理解して、時間を掛けて向き合ってくださっている飼主さん達には心から感謝の気持ちでいっぱいです。
「我が家に来ないで他の家の子になっていたら、この子はもっと幸せだったのでは?と思うことがあります」と言われる飼い主さんがいらっしゃいました。
そんな風に思ってくださる事が、その子への愛情なのです。
心配して伺ってみたら、飼主さんにべったり甘える子がいました。
飼い主さんも可愛くて仕方がないようでした。
譲渡後のそんな姿を見たり、報告をいただいたり、訪問してくださるのは私達スタッフやボランティアさん達の一番の幸せです。

明日も素晴らしいご縁を期待して、ひまわりの家ではいつものようにお待ちしています。






皆様もどうぞ良いお年をお迎えください。
来年も「ひまわりの家の犬と猫達」をどうぞよろしくお願い致します。

ひまわりの家のスタッフとボランティア一同は、全ての犬と猫の幸せを願って日々活動していきます。




同じカテゴリー(過去の記事 2010.4~2011.3)の記事画像
ご報告
感謝の心をこめて
眠れない夜・・・
報告
報告とお礼
日々の思い
同じカテゴリー(過去の記事 2010.4~2011.3)の記事
 ご報告 (2011-03-31 23:46)
 感謝の心をこめて (2011-03-31 23:25)
 眠れない夜・・・ (2011-03-31 03:11)
 報告 (2011-03-28 04:20)
 報告とお礼 (2011-03-24 05:00)
 お見舞い申し上げます。 (2011-03-16 08:52)

Posted by ひまわりの家スタッフ at 23:35 │過去の記事 2010.4~2011.3

削除
大晦日の夜に