2008年10月16日

またブリーダーの飼育放棄

またブリーダーの飼育放棄・・・

狆の親子、Mダックス二頭、シーズー・・・

素人目から見てもあまりの状態の悪さに、狆&シーズーだけ慌てて病院に連れて行きました。

狆の母犬は、5歳位ですが・・・白内障です。

外をどう歩いていいのか分からないのか、しばらくケージから出てきませんでした。





皮膚がボロボロで、疥癬かと思ったのですが、「ニキビ炎」でした。

健康な仔がかかる病気ではありません・・・。





酷いかゆみがあるようで・・・この仔は自ら皮膚を噛み千切っていました・・・

(注・傷があまりに痛々しいので、モザイクをかけました)

狆の仔犬も、体中の皮膚がボロボロで母犬と同じ「ニキビ炎」。

小さい体には、信じられないくらいのダニ、そして皮膚がボロボロ・・・





私達と同じ人間から、こんな酷い目にあわされてきたのに・・・

人間が大好きで、とても人懐っこく健気な仔なんです。




ニキビ炎は、完治する事は非常に難しいそうです。

いつ再発してもおかしくない皮膚の病気だそうです・・・




この仔達を見て・・・ネットやテレビや雑誌に出てくる「狆」との違いに驚きました・・・

酷い環境に居たこの仔達は・・・きっと・・・器量は悪いのでしょうね・・・

でも・・・だから・・・どんな狆にも負けない位幸せになって欲しい。




ダックス二頭は、凄く仲良しの甘えん坊さん達です(=´∇`=)





この仔は・・・体を撫でるとコロンとおなかを見せて心地良さそうにしています♪




一方のこの仔は・・・「私も触って♪」と撫でてる手の上にアゴを載せてきて本当に可愛いです♪






そして・・・




更に酷いのは・・・




疥癬のシーズーです。








こんなになるまでほったらかしで繁殖犬として利用され、用がなくなったらポイですか・・・

痒くて痒くて辛かったよね・・・

この仔は、2~3ヶ月の隔離が必要なので、事務所のケージにいます。

狆親子とシーズーの受け入れをどうするか聞かれましたが・・・

「とにかくできる事は何でもやってみよう。少しでも生きる可能性にかけてみよう」

私も石ちゃんも同じ答えでした。




命の期限は今日から一ヶ月・・・治療が終わるのは2~3ヵ月後・・・

治療を引継ぎしてくださる方・・・健康な狆やシーズーより器量は落ちるけど・・・

それでも・・・という方がいるかもしれない・・・




今回の持込のブリーダーは・・・

前回のキャバリアちゃん達を連れてきたブリーダーと同じだったのです!

それを聞いて・・・ビックリしました。




こんな事が繰り返されても良いのかと・・・




「ひまわりの家」は、一体何なんでしょうか・・・




ブリーダーを救済するために建てられた施設なのでしょうか・・・




私達は、ブリーダーの為にここで働いているのでしょうか?




腹が立つという感情よりも・・・なんだか悲しいです・・・




今もこの仔達のように、皮膚病で苦しみ、体中ボロボロになってる仔達が

いるという事ですよね・・・?




ひまわりの家って・・・




なんだろう・・・




そう思っても・・・









日向ぼっこして気持ち良さそうにしているみんなの顔を見ると・・・




この仔達には時間がない・・・とにかく目の前の命を・・・




今は頑張らなきゃね・・・




棒状の物を持つと怯える叩かれてた環境に居たモモちゃん・・・

日に日に甘えん坊になっていきます。

甘えるときは、耳をこれでもかっ!という位後ろに倒して坊主頭のようになります(^^;;)




メタボなテリちゃん・・・

どっしり構えた性格ですが、嫌なものは嫌だと言えるしっかり者です。






ちょっとドジが多い天然のシュッ君・・・

抱きつく事が大好きで、よく甘えるようになりました。お顔はなかなかの色男です。





一番声の出るコイツ君・・・

ヤンチャ坊主そのものですが、自分より小さい子にはとても優しいです。

人間で言う5歳児位のやんちゃぶりがたまらない位可愛い仔です。





そして・・・新入りの母ちゃん・・・

管理所では声ひとつ出せず、不安と恐怖と戦ってきました。

五匹の仔犬を育てました。お母さんとは思えないくらいの小さなやせ細った体です。

今日は、久しぶりの太陽の下でノビノビとしていました(=´∇`=)







もうすぐ・・・命の期限の切れる仔もいます・・・。




この仔達の為にではなく・・・私達がこの仔達を死なせたくないんです。




もう一度生きるチャンスを与えられた仔・・・死なせてはいけない仔達なんです。




ただそれだけなんです。





                                       記事・スタッフxxゆみxx




同じカテゴリー(過去の記事 2008.4~2009.3)の記事画像
4/6で期限の切れる仔
ひまわりの家の仔達・・・
現在のひまわりの家情報
速報!迷子の黒ラブ
てっちゃんに新しい家族が・・・
緊急!!迷子犬
同じカテゴリー(過去の記事 2008.4~2009.3)の記事
 4/6で期限の切れる仔 (2009-03-31 02:07)
 ひまわりの家の仔達・・・ (2009-03-26 10:56)
 本日の譲渡会 (2009-03-22 09:32)
 現在のひまわりの家情報 (2009-03-19 02:03)
 速報!迷子の黒ラブ (2009-03-15 15:35)
 てっちゃんに新しい家族が・・・ (2009-03-13 10:38)

Posted by ひまわりの家スタッフ at 01:42 │過去の記事 2008.4~2009.3
この記事へのコメント
皆さんお疲れ様です。前回のコメントで言ってた新しい仔はこの子達だったんですね…リンクをしました。前ブリーダーと同じもちろん動物愛護法を完全無視なのでこのブリーダーは繁殖停止というか辞めてほしいです。ひまわりの家をなんて思ってるのか…役所に電話したらいんですか?仕事前から怒りが止まりません。
Posted by みさえ at 2008年10月16日 11:11
初めまして。
先日からずっとこちらや楽天のブログを拝見しています。

いろんな子を見ていて、犬や猫にICチップをというのは可哀想だと思っておりましたが、ここまで飼う人間側が無責任だとそこまでしないと動物達が可哀想だと思うようになりました。

動物虐待や飼育放棄になんらかの罰則を科すことにすれば(特にブリーダーや販売している者には厳罰を)、状況が変わるのか・・・それとも飼う前に飼える環境かを審査し、許可が下りなければ飼えないようにしてしまうか。

宮崎でもこんなにたくさんの命が失われていく、全国ではもっとたくさんの命が・・・。

いたたまれません。
Posted by とらぢろ at 2008年10月16日 12:16
何故飼育放棄をするような人がブリーダーでいられるんでしょうか。
お金儲けのためだけに命を道具としてしか考えられない方は、ブリーダーどころか人間失格です。
また、ひまわりの家を道具として利用していることも許せません。

ただ、この子達がこちらで少しでも安らげる時間を持てることがわずかばかりの喜びです。
この子達を受け入れてくださる人が現れることを富山から祈っています。
Posted by とろきち at 2008年10月16日 12:18
お疲れ様です。mixiでみさえさんの日記を読んで、ブリーダーの件ですが・・・驚いて、今パソコンであらためて読んでいたところです。

そのブリーダーさん(さん付けするのも腹立たしいですが)は、何らかの処分やペナルティを受けるべきです。
大切な命を増やす者として、命を育み、愛しく思うべきことの責任がない。
命を商売道具としか思っていないから、繰り返すのだと思います。
「もうダメだね。はい、次」って。

でもそれは許されない。ブリーダーと名乗って欲しくない。そんな人に預けられる(飼われる)犬達がかわいそうです。みすみす不幸にさせてしまうのを指をくわえて見ているのは、誰の為にもなってないです。
シーズーちゃんたちのような犬達がこれ以上増えてはダメです。
名前を公表するのは・・・保護法がどうとか色々あるのでしょうけど、少なくともブリーダーとして問題あり、と通報すべきでは・・・。
すみません、素人がこんなこと言って・・・。でも犬達を愛する側からしてみれば、犬達の誇りを侮辱しているほかのなにものでもない気がして・・・。
Posted by 亜希子 at 2008年10月16日 13:06
話は変わって・・・。
写真のミニチュアダックス、かわいいですね(^∀^)

預かりさんになれたらなぁ・・・。実家だから、親に要相談なんですが・・・。

今週の土曜日(18日)、ひまわりの家に行く予定です。時間はまだ未定ですが。ダックスちゃんたちと会えると嬉しいです。
Posted by 亜希子 at 2008年10月16日 13:14
こんにちは。
本当にひどい・・・
人間の欲の為に、産みの苦しみだけで繰り返させて 最後は。。
私自身は
ブリーダーの中に、本当に動物を家族と考えている方は いないだろうと昔から思ってます。
(良いブリーダーさんもいらっしゃるのでしょうがーすみません。
 私個人の考えです。)
特に悪質な今回のようなブリーダーは、どうにか辞めさせてほしい。
すみません。。。ひまわりの家のスタッフの方は、以前から 
そう考えていらっしゃいますよね・・

どうかどうか チャンスを与えられたひまわりの家のワンチャン達
虹の橋を渡った子の分も幸せに、温かい家族と出会えますよう。
そして、柴ちゃん・・
絶対に見つかって安心できるお家で過ごしてほしい。
Posted by りんママ at 2008年10月16日 14:42
ずっと読ませて頂いていました。
うちの仔も繁殖場から来ました。例えようがないほど臆病でした。
もう10歳前後、今までどんなふうに生きてきたのか・・・
でも今ではすっかり元気なやんちゃ坊主になりました。
私はこの仔たちを救って下さった方々に心から感謝しています。

ゆみさん。
ひまわりの家は一体、何なのか?
ブリーダー尻拭いのためにこんな苦労を?
色々な想いがあると思います。わかります。
でも、その苦労のおかげで、幸せになっている仔たちが、確かにいます!

今、目の前に居る仔を幸せにすること。
限りな戦いなのかもしれないけれど、いつかきっと、皆さんの努力が
想いが、不幸な命をゼロにできる日がくることを信じて・・・
今の努力が決して無駄ではないことを信じて頑張ってください!
ゆみさんやスタッフの皆さんの熱い願いが通じますように・・・。
Posted by プチ at 2008年10月16日 19:46
・・・・・
言葉を失うような・・・
なぜ?  です。
このブリーダの人には、この仔たちと同じ経験をしてもらいたいです。
(過激な発言を許してください。)
怒りでカーっとなっていますが、子犬の寝顔、わんちゃんの無邪気な笑い顔を見ると急に癒されます。それと同時に、なんだか涙がでます。
人間もこの仔たちのようにもっと優しくなりたいものです。

ひまわりのスタッフのみなさん、みなさんのがんばりはブリーダのためではなくこの仔たちの今、そして未来のためですよ。
この仔たちは疑いなくそう思っているです。
期限が近い仔も、きっときっと新しい飼い主さんが見つかります。
何もできませんが、いつもいつも祈っています。
Posted by 草加せんべい at 2008年10月16日 23:41
本当に怒りが込み上げてきます。こういうブリーダーは他にもあることでしょう。ブリーダーの基準を上げる事は出来ないのでしょうか。根本をどうにかしないといたちごっこだと思います。それに悪質なブリーダーから生まれた仔犬も病気だとわかった途端に飼い主から捨てられる可能性もあるんですよね。アメリカみたいにペットショップでの生体販売を止めればイイのでは?本当に可哀想です。スタッフの皆さんに「頑張ってください」としか言えない自分が情けないのですが…。なんとか生き延びて欲しいと願ってます。
Posted by ラナママ at 2008年10月17日 00:32
怒りと涙で・・・
ブリーダーって何とか取り締まれないのでしょうか?

我が家も埼玉毛呂山から助けてもらったヨーキー、個人の飼育不可能(シングルマザー)ヨーキー、愛知のブリーダーから繁殖引退ヨーキーと暮らしています。愛知のブリーダーから来た子は、目も白内障(片眼視力なし)で治療中。まだうっすらと見えているので慣れて走ってます。
助けられた命は、助けられなかった子の分も幸せになってくれるように祈っています。
可哀相だけでは、やれませんよね?!
悪質なブリーダーが減りますように。
この子達にも新しい家族にめぐり会えますように!
滋賀県より応援しています。
Posted by masayoママ at 2008年10月17日 15:37
ペットショップの店頭販売や知識のなさ、悪質ブリーダーの事を調べてました。動物愛護を助けてくれる松野氏を探し出しました。この人は少しずつですが変えて言ってます。良ければポチッと見て下さい。http://animal-ia.blog.so-net.ne.jp/2008-05-09
Posted by みさえ at 2008年10月17日 17:49
先程はポチッと出来なくてすみません。アニマルポリスに松野衆議員へのメールが送信出来るブログがありました。今回のブリーダーの件や今までの動物愛護の件、意見を届けたい方よろしくお願いします。私の名前をクリックして下さい。たぶん行けます。開けなかったら「松野衆議員」で検索すると現在の動物愛護法や改善策がわかります。
Posted by みさえ at 2008年10月17日 19:22
はじめまして
時々拝見させて頂いています
ブリーダー酷いです、許せません
皆様の活動を応援しています!
多くの人に知って貰いたいのでリンクさせて下さい。
Posted by こたれ at 2008年10月20日 10:11
ごめんなさい、リンクできませんでした?
まだ勉強不足で・・・
でも、応援していますので皆さん体に気を付けて下さいね!
たくさんの仔が幸せを掴めますように祈っています。
Posted by こたれ at 2008年10月20日 14:24
新入りの母ちゃんて、あの母子犬のお母さんですか?子供たちは譲渡されましたか?気になって…
Posted by みさえ at 2008年10月21日 20:36
● 絶対にそのブリーダーは、廃業させるべきです!●

アカラスのある子を繁殖犬とするべきではないのです。

どこのブリーダーで、どこに犬を流通させているのかはっきりさせてほしい。

ペットショップで子犬を購入する人も被害者です。

健康なはずの子が、非常に飼育環境の劣悪な、悪徳ブリーダーから来た子だったなんて。病気の芽をかかえて生まれているなんて。

その子の親兄弟が苦しんで生きて、いらなくなったらポイと捨てられるなんてひどすぎるじゃないですか。

宮崎からくる、ブリーダーを全部 疑います。
Posted by 怒 at 2008年11月03日 12:47
そのブリーダーには、まだ閉じ込められて、劣悪な環境で飼育されている仔たちが残っているわけでしょう?

なぜ、行政がとりしまれないのか?

また、このような劣悪ブリーダーは、公開して、ペットショップなど流通側にも、注意をうながすべきと思います。

劣悪な環境で飼育された仔であることをしりながら、商品として購入するペットショップも、取り締まるべきだ。

~ みんなで、宮崎県の行政に抗議をおくりましょう ~
Posted by 激怒 at 2008年11月03日 12:54
使い物にならなくなったら捨てる。。って・・・
先日センターから「狆」を保護しました。たぶん・・・繁殖に使われていたのか。。。わかりませんが。
決して、幸せとはほど遠い犬生だと察しがつきます。
本当にいい子でかわいいんですけどね。

この子達・・・早く優しい飼い主さんがみつかりますように。。

一部、コピペして、リンク貼らせていただきます。
問題があるようでしたらおっしゃってくださいね。
Posted by sakura at 2008年11月05日 09:46

削除
またブリーダーの飼育放棄