2009年02月11日

判定に合格した子達

更新が滞ってて申し訳ございません泣き

我家のパソコンが不調ですパソコン

先週金曜日に「判定」があり、仔犬4頭成犬1頭「ひまわりの家」に・・・

翌々日の譲渡会~今日までの間に仔犬3頭に新しいお家が決まり、

更に更に・・・「ロッキー」もひまわりの家卒業です花まる







新入りちゃんたち・・・良いご縁がありますように・・・

♀エナちゃん 推定二ヶ月




♂信(シン)君




実は・・・残念な報告もあります・・・

譲渡したビクターが戻ってきます・・・


理由がまだ・・・直接お会いして聞かない事にはハッキリ分からないのですが、

「散歩を嫌がる」・・・でした。

ビクターにはビクターの理由があるのでしょう・・・

飼主さんには飼主さんの理由があるのでしょう・・・

ビクターの「命の期限日」は今月22日・・・


戻ってきたらいっぱい抱きしめたいな・・・と思います。




先日、ブログ内で「チラシを貼って下さるボランティアさん」を呼びかけたのですが、

ミナオ君ことマー君の飼主さんが来て下さいましたハート



譲渡後にもいつもお世話になっています♪

そして・・・

UMKの高柳アナウンサーもチラシ貼りに協力したい・・・と来て下さいました。




ご自宅でもフェレットを飼っているそうですが、フェレットの面白い話を沢山聞かせて頂きました♪

動物愛護にとても関心を持ってくださっていて・・・

「ひまわりの家」の隣にある「管理所」の抑留所も見学して下さいました。








「ひまわりの家」では何一つ声を発する事が出来ない・・・

「ひまわりの家」があっても多くの尊い命は日々奪われていきます・・・

それは・・・私達人間が創り上げた現状です。


同じカテゴリー(過去の記事 2008.4~2009.3)の記事画像
4/6で期限の切れる仔
ひまわりの家の仔達・・・
現在のひまわりの家情報
速報!迷子の黒ラブ
てっちゃんに新しい家族が・・・
緊急!!迷子犬
同じカテゴリー(過去の記事 2008.4~2009.3)の記事
 4/6で期限の切れる仔 (2009-03-31 02:07)
 ひまわりの家の仔達・・・ (2009-03-26 10:56)
 本日の譲渡会 (2009-03-22 09:32)
 現在のひまわりの家情報 (2009-03-19 02:03)
 速報!迷子の黒ラブ (2009-03-15 15:35)
 てっちゃんに新しい家族が・・・ (2009-03-13 10:38)

Posted by ひまわりの家スタッフ at 01:45 │過去の記事 2008.4~2009.3
この記事へのコメント
こんにちは、時々拝見させてもらっています。
ビクター君残念でしたね、管理所などにいた仔は、深い傷を負っており
癒すのに時間がかかります。
私も殺処分手前の仔を保護して里親を探しています。

おりこうさんですが、時々問題行動を起こします。
それは人間が作った問題行動なのです、そしてそれを心ある人間が
時間を掛けて癒していくしか仕方のないことです。

譲渡のときその点を強調しないと、言うことをきかないと戻されてしまします。
戻されたら、その先は管理所だと言う事を里親さんは分かっているのでしょうか?
この仔達は可愛いペットではありません、そのことをもう一度考えてほしいと
思います。
ビクター君に終の棲家が見つかりますように祈っています。
そして、皆さんのご苦労に感謝します、頑張ってくださいね!
Posted by さくら at 2009年02月11日 10:57
更新されてなかったので、ちょっと‘心配…’と寂しい気持ちでした(ρ_;)
更新されないかと、一日に10回以上は見てました(笑)( ~っ~)/

ビクター君…戻ってきてしまったのですね…。。。
飼い主さんには飼い主さんの理由があるのも分かりますが…でもビクター君の気持ちを優先し、飼い主さんに努力(?)して欲しかったなと思いました。
‘散歩を嫌がる’という事であれば、徐々に散歩が‘ホントは楽しいものなんだ’と思わせてあげられる様に気持ちを伝えていくとか…。。
そういう対応をして欲しかったかなと思います。

最初は、心の傷を負った子たちと心の高さを合わせてあげる事が大事なんじゃないかなって思いますねo(^-^)o
ビクター君が、ひまわりの家の卒業生になれます様、祈っています☆☆☆
私はビクター君に良き飼い主さんが現れると信じてます(o^∀^o)

ひまわりの家のスタッフの皆さん!
頑張って下さい(;_;)
応援しています。。。
Posted by 北海道 めぐ at 2009年02月11日 13:17
こんにちは。
ビクター君・残念でしたね・・・。知らない場所に行き、知らない人達が居る、ビクター君にとって不安やいろいろな気持ちがあったのでしょうね・・・
それだけ過去の心の傷があるという事。
彼らは人間の言葉は話せなくとも、人間の言うことを理解しています。
そして、嬉しい、楽しい、悲しい、辛い・・・と人間と同じ様にたくさんの感情もあります。
命の期限までには必ずや本当の家族が迎えにきてくれると信じています。
ビクター君を大切な家族の一員として、彼の気持ちを理解してくれる方が・・・

スタッフの皆さん、神様はビクター君を見ててくれると思います、だから頑張って下さいね!!
Posted by でぶぴょん at 2009年02月11日 22:02
こんばんは。
蘭くん(ダップルくん)が家族になって、もう2か月半になります。

はじめは、体力もなくよろよろと歩いていた蘭くんですが、
今では、ケージから出すと、部屋中を走り回っています。
そんな蘭くんも、うちに来る前に、一度は他の方に引き取られ、翌日戻ってきたんですよね。

確かに、初めのうちは大変でした。
歯槽膿漏でお口は臭いし、どろどろのよだれ、トイレの躾もされていない。
ケージから出すと、そこらじゅうに・・・大・・・小・・・。

ちょっと目を離すと「食フン」も・・・。
推定年齢10歳ということで、今から直すのは無理らしいです。

毎日、毎日がいまだにそういう状態ですが、でも、でも、とってもかわいいんです。
ご飯の時はおすわりして、1分間の「待て」ができるようになりました。
今は、「ひな」のまねをして、「お手」の練習・・・。

でぶぴょんさんも言われているように、本当に人間の言葉がわかっています。
最初は無理でも、必ず心を開いてくれるようになると思います。
引き取ると決めたからには、責任を持って、ず~っと家族として見守りたいです。
2月中に2つの手術の予定です。落ち着いたら遊びに行きますね。
元気に走り回るダップルくんを、ぜひ見てください。

ビクター君、きっとやさしい家族が迎えに来ると思います。そう信じています。
Posted by hinakoro at 2009年02月12日 02:17
もと ミナオ君 現在 マー君 の親になっております
家のマー君も最初の一ヶ月はお茶碗を置く小さなコトッという音にもビビッてブルブル震えて固まってました、ご飯も手のひらに乗せて食べさせてました。散歩も最初のうちは二十分でも三十分でも固まって動きませんでした、幸いネコを飼っていたもので一緒に連れて行ってみたら少しずつ歩くようになりました。今 家に来て二ヶ月ぐらいになりますが、なんとか散歩らしきものができるようになりました、人がいると固まって動かなくなるので昼だったら車に乗せて海のほうの人気の少ない場所とか、夜 車が少なくなり人気の少ないときに公園へ連れて行っています、それでも人が通るたびに固まっています、ちゃんと散歩が出来るのは一年先ぐらいでしょうか?。素人の個人的な考え方ですけど、飼い主 人間に考えがあるように飼われるほう 犬にも考えがあると思います。 動物を飼うのは大変ですがその何倍もの笑顔を家の中に持ってきてくれています。
Posted by baba352346 at 2009年02月12日 09:54
こんにちは。
昨年、守る会の事を知ってから いつも見せて頂いてます。
そうですか・・ビクター君。。
簡単にペットーという考えだけで、
家族の一員として迎えるー★いう気持ちではない方も多いという事ですよね。
皆様がコメントされているように、本当に私達人間と言葉が違うだけ。嬉しい、楽しい、寂しい、悲しい、~~感情は全く同じ。
その事に、もっとたくさんの人間が気づいてくれる世の中になってほしいです・・
すみません。
毎日、スタッフの方が痛感されている事ですよね。
スタッフの方には、本当に頭が下がります。いつも有難うございます。

ビクター君に、そして他の子達みんなに
温かい家族ができるよう祈っています。
Posted by りんママ at 2009年02月12日 18:47
火曜日に綾で行方不明になった犬に似ていると お電話したものです。

その犬は 遺体で発見されたそうです。残念でした

丁寧に対応して下さってありがとうございました。
Posted by マカロン at 2009年02月13日 13:14
 さくらさん・北海道 めぐさん・でぶぴょんさん・hinakoroさん・りんママさん
お返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。

今週は、行事等でバタバタしていました。

皆さまに嬉しいお知らせがあります。

皆さまのおかげで又、一歩前に進む事が出来ました。

昨日2/11(木)にテレビ・新聞等でも報道されましたが、県獣医師会の方から
、新しく里親さんになって頂いた方へ不妊・去勢の補助(生後6カ月まで)
5000円のクーポン券が、ひまわりの家で県に対して贈呈されました。

これも、皆さまの「一頭でも多く助けてあげたい」という願いが、県獣医師会の方々、
行政の関係者の方々に、皆さまの願いが届いた結果だと思います。

ブログ等で応援していただいている皆さま・ボランティアの皆さま心より感謝致します。

これからも、ご支援・ご指導の程、宜しくお願い致します。

お返事が遅れる事があると思いますが、ご了承ください。
Posted by ひまわりの家スタッフひまわりの家スタッフ at 2009年02月13日 14:03

<?=$this->translate->_('削除')?>
判定に合格した子達