2009年02月24日

新しく入居した仔達ですが・・・

20日、管理所⇒判定⇒ひまわりの家に成犬三頭と仔犬が来ました。

小さな小さな仔犬ちゃんは・・・

すぐ新しいお家が決まりましたヽ(´▽`)/~♪








仮名・クリーム君(♂)



推定年齢は1才。体重は約11キロの中型犬です。




仮名・こうちゃん(♀)



推定年齢は2才。体重は約15キロの中型犬です。貧血気味。

この仔に関しては、精密検査を受けさせた方が良いとは思うのですが・・・

ひまわりの家の今の現状では大変難しいです・・・




仮名・茶ちゃん(♂)



推定年齢1才。体重は約15キロの中型犬です。

この仔は・・・軽いケイレンをおこします。




そして・・・信・・・

信は・・・激しくケイレンをおこします。

一度だけ信のケイレンをみましたが・・・

人間のひきつけと全く同じ症状でした。




私達は・・・1頭1頭に精密検査を受けさせるキャパがありません。




信も茶ちゃん・・・

精密検査を受けさせて頂ける方・・・

もしかしたら・・・この仔達は・・・

一生薬と付き合わないといけないかもしれません・・・

新しく家族として迎え入れる方はこの仔達が苦しそうにケイレンおこす姿を日々、

目の当たりにしなければいけないのかもしれません・・・




20日の慰霊祭は無事終わりました。




今年は・・・お供え物がフードやおやつで沢山でした(=´∇`=)



ありがとうございました<(_ _)>

このフードは、管理所の仔達に食べさせてくださるそうです♪

多くの職員さんは、ひまわりの家を見学して下さりとても嬉しく感じました。

宮崎市保健所職員皆さんは、代わる代わる管理所の抑留所まで覗いて下さり、

母子犬のことも心配しているようでした・・・<(_ _)>




同じカテゴリー(過去の記事 2008.4~2009.3)の記事画像
4/6で期限の切れる仔
ひまわりの家の仔達・・・
現在のひまわりの家情報
速報!迷子の黒ラブ
てっちゃんに新しい家族が・・・
緊急!!迷子犬
同じカテゴリー(過去の記事 2008.4~2009.3)の記事
 4/6で期限の切れる仔 (2009-03-31 02:07)
 ひまわりの家の仔達・・・ (2009-03-26 10:56)
 本日の譲渡会 (2009-03-22 09:32)
 現在のひまわりの家情報 (2009-03-19 02:03)
 速報!迷子の黒ラブ (2009-03-15 15:35)
 てっちゃんに新しい家族が・・・ (2009-03-13 10:38)

Posted by ひまわりの家スタッフ at 02:37 │過去の記事 2008.4~2009.3
この記事へのコメント
管理所の母子犬の事を知りました。
まだ小さな子犬と人懐こそうな母犬、期限は今日との事。
母犬の優しそうな瞳が忘れられなくなりました。やせ細った体で8匹の子育てはどんなに大変だった事か・・・手を差し伸べられないことが残念でなりません。
その後どうか助かっている事を祈ります・・・
Posted by でぶぴょん at 2009年02月24日 09:12
でぶぴょんさん、コメント有難うございます。

私たちスタッフも、人の子であり、人の親でもあります。でぶぴょんさんの
「想い」と「願い」は、とても分かる気が致します。

管理所の職員さんたちも精一杯、この母子犬たちに接っしてくれています。

でぷぴょんさん・管理所の職員さん・私たちスタッフ・この仔たちを見守って
いてくださる多くの方々の「想い」と「願い」は、必ず通じると信じています。

虹の架け橋を渡って逝った仔どもたちが、力を貸してくれる事を願っています。
Posted by ひまわりの家スタッフひまわりの家スタッフ at 2009年02月24日 21:38
今朝 母子犬の件しりました
命の期限が今日・・・・・・白板見る限り17日には管理所に入った仔たちだったんですね・・  情報を知るのがあまりにも遅いと感じました。・。。。

虹の架け橋ではなく、新しい幸せの架け橋を渡れる仔が沢山沢山できることを願います。
Posted by marcomarco at 2009年02月24日 23:42
母子犬の話しですが…私も今知りました。。あの子犬の寝顔や、母犬の強さを見てると切なくなります。
助ける事は出来ないのか?と悔しくなる。
‘奇跡’が起こると信じています!!

ひまわりの家のスタッフの皆さん…
文だけで全てを伝えるというのは難しく、たまには誤解を招かれる様に聞こえてしまう事もあるかも知れません。
でも決して、スタッフの皆さんが行ってきている事・言っている事は中途半端な想いからでの事では無いのですから、自信を持って下さい☆
虹の橋を渡っていった仔どもたちは、ひまわりの家のスタッフさんの姿を見て『ありがとう』って言っているに違いないのですから…。
たとえ助けられなかった仔が居ても、その仔はちゃんと空から見てます。
そう信じてなければお空に居る仔たちも可哀想ですからねo(^-^)o

私事な話しですが…ウチのニャンコ、来優(らい)が寝てる時に、たまに耳を押し付けて心音をききます…
‘ドクン…ドクン…ドクン’って…『生きてるってこういう事なんだなぁ』って実感します。
来優が呼吸する事によって、はき出る二酸化炭素は、私達にとっては酸素なのかも(^◇^)┛って…小さな命が在って、生きていて…私達も幸せになれるんですからね…(^∀^)ノ
生きる希望にもなります☆きっと気付かない所で、動物達から愛情を一杯貰ってるんですよね☆私達は…

目の前にある命と向き合い続けれるって幸せな事だと思います(ρ_;)
辛く悲しい事もありますケドね…
でも現実から目を、そむけてはいけませんもんね(^∀^)ノ
Posted by 北海道 めぐ at 2009年02月25日 00:45
何度もすみません(ρ_;)

皆さん‘アンジュール’という文の一切無い、絵本は知っていますか?
ある一匹の犬の物語です。
機会がありましたら、一度見てみて下さい。
私は絵だけであんなに泣いたのは初めてでした(>_<)しかも本屋さんで…(ρ_;)

しまいには妹に『おねぇちゃん!ちょっとこんなとこで泣かないでや!恥ずかしい!』と怒られてしまいましたm(_ _)m
妹にすすまれて読んだ本なのに…m(_ _)m
Posted by 北海道 めぐ at 2009年02月25日 00:52
■北海道めぐさんへ

 めぐさんっ  「奇跡」はおきましたよっ♪
 残念ながら虹の橋をわたちゃった仔もいたけれど 親子犬のことをしってすくいだしてくれた方がいましたっっ><

スタッフの方もすべての犬に手をさしのべられない苦しさがあるでしょうね
つらいと思いますが これからもがんばってください

「アンジュール」という絵本 今度さがしてみますっ
Posted by marcomarco at 2009年02月25日 01:10
普段は動物達の未来のために。。。の方を拝見させて頂いてます。

けいれんについてケースバイケースですが、ご参考までに、こんなケースもあると思って聞いていただければと思います。

私の2匹のうちの1っ匹、コロは下半身不随のため、神経専門の獣医さんにかかってます。昨年末 けいれんを起こしました。緊急でその神経専門の獣医さんに見せに行きましたが、そこでけいれんはおきませんでした。その際処方された薬はポタシウムブロマイドと呼ばれる犬のけいれんに使われる薬です。これはアメリカでは安い薬です。

けいれんにも種類がありますが、私の知る限り犬にある薬は数種です。アメリカではどれもジェネリックの為 そこまで高い薬ではありません。良く使われる一番安いのから ポタシウムブロマイド$ < Phenobarb $$<Zonisamide $$$です。軽度のけいれんなら、薬代もそこまでかかりませんが、頻度が高いと2種類は必要になるかもしれません。

ケースバイケースですが、精密検査は大体は必要ではありません。症状からの判断をやられる神経獣医さんは多いです。MRI やら CT スキャンのラボ結果より、症状を治療するといった感じだと思います。

ただ一度薬をやめると、けいれんの頻度が増えて、そこから頻度が減る事はめったにないと言われてます。そのため、薬の一生服用となります。

旦那が獣医と話したので、そこまで確認出来なかったのですが、私が思うには、獣医さんは、コロのけいれん症状を確認したかったのだと思います。結局、その後、ポタシウムブロマイドの服用でコロのけいれん症状はないのですが、旦那しかその症状を見てません。

日本に神経専門の獣医さんがいらしゃるなら、けいれん症状をビデオにとってみてもらい、症状について相談してみてはいかがでしょうか?後、けいれんの度に、記録に頻度や症状を記録にしとく事をお勧めします。

アメリカには障害犬・ペット用の掲示板があり、よく利用するのですが、(2匹とも障害持ちの為)。日本にもあるかもしれませんが、この掲示板の方々には獣医さんとの経験・知識を分かち合ってる詳しい方が多いので、いろいろ障害についての情報があるかもしれません。質問も出来るようなってます。よろしかったらご覧下さい。

http://www.handicappedpet.net/helppets/

英語ですが、もし何か必要そうな情報でもあり、協力できそうな事がありましたらご連絡ください。
Posted by tsubasa at 2009年02月25日 14:02
毎日読ませて頂きながら、スタッフの方には
本当に感謝しています。
頭が下がります・・・
命の期限がある子と毎日向き合うのは、並大抵の覚悟では
できない事です。
大変な思いをされる事も多いでしょう。。
実際に行動して、命★を救って下さっている皆様に対して
毎日感謝「ありがとうございます」

私も、昨日 母子犬の事を知り・・時間がない。。
毎回何もできない自分、、、祈るしかないと。
そして、本当に奇跡が起きていました!
良かった。。。救って下さった方、心から感謝致します。

「アンジュール」という絵本 、私も探してみます。
本屋さんだと号泣しそうですね(^^:)
Posted by りんママ at 2009年02月25日 15:41
■でぶぴょんさん
ありがとうございます<(_ _)>
この件に関しましては、また個人ブログにてご報告させて頂きますね♪

■marcoさん
色々と気になる部分もあるかと思いますが、個人的にメッセージやメールで
疑問を投げかけて頂けたらと思います。
私の知っている情報をすぐに流せない事と、あえて公の場に出せない事は
これからも変えることはできませんので、
もどかしいとは思いますが、どうかこのブログが閉鎖に追い込まれないよう、
続けられますよう・・・ご理解とご協力お願います<(_ _)>

■北海道 めぐさん
いつも寛大な心で見守ってくださりありがとうございます<(_ _)>
スタッフ一同、めぐさんには感謝の気持ちでいっぱいです。
私にめぐさんの爪の垢を煎じて飲ませてくださ~い♪
「アンジュール」ネットで検索して購入しますっ(=´∇`=)

■tsubasaさん
アドバイスありがとうございます。私達スタッフとても勉強になり、
是非参考にさせていただきます。
私の娘にてんかんの疑いがあったとき、約3年薬を飲み続けていました。
薬がないとひきつけておりましたので・・・うちの娘のときもtsubasaさんの
アドバイスと全く同じような方法をとっておりました。人間も犬も・・・同じなのですね。本当にありがとうございました。スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです<(_ _)>

■りんママさん
ありがとうございます<(_ _)> 私達はこの施設でこの仔達と一緒に居れることに・・・不謹慎な表現かもしれませんが、「幸せ」だと感じております。それは、この仔達を通して皆さんの温かさに触れる事が出来る幸せでもあります。どう言って良いのかわかりませんが・・・私達スタッフは皆さんの力に助けられています。本当にありがとうございます。

                          xxゆみxx
Posted by ひまわりの家スタッフひまわりの家スタッフ at 2009年02月26日 16:37
情報を知ることが遅かった・・・とコメントしたのはあくまでも私自身がもっと素人する力が足りなかったことを書いたつもりだったのですが・・・・
表現がわるく 他の方やスタッフのかたに悪い印象をあたえてしまいましたね
もうしわけありませんでした<(_ _)>

個人的な意見や感想でここのブログが閉鎖になるなんてとんでもないことですし、私の本意でもまったくありませんので、今後はコメントするときは気をつけて致します。
ご迷惑をおかけいたしました
Posted by marcomarco at 2009年02月26日 20:29

<?=$this->translate->_('削除')?>
新しく入居した仔達ですが・・・