2009年02月26日

皆様へお願い

先週金曜日にひまわりの家に来たクリーム・・・



新しいお家が決まりました(=´∇`=)

お母様の良いパートナーになれますように・・・♪





全国のボクサー愛好家の皆様から助けて頂いた愛ちゃんと夢君・・・



こんなに元気になりました(=´∇`=)

夢君は、新しいお家が決まりました(=´∇`=)

もう少し体力が付いたら、大阪に旅立ちます。


愛ちゃんのお問い合わせ、沢山頂いておりますが、

全国の皆様から助けて頂いた愛ちゃん・・・私達スタッフだけではなく

ボランティアで毎日毎日お世話に来て下さっているHさん・・・

ボクサー愛好家の代表として、四人で面談させて頂いております。





ひまわりの家に、猫ちゃんが来ました。



生後四ヶ月くらいの白×ベージュの猫ちゃんです( ^ー゜)





沢山の支援物資、ありがとうございます<(_ _)>



大切に使わせていただきます。

「老衰で亡くなった仔につかってたものですが・・・」

と・・・シーとやお布団やバスを、ひまわりの家まで届けてくださったご家族の方がいました。

寝たきりになってからは、お祖母様中心にご家族で介護をされてたそうです。

ワンちゃんは19年、猫ちゃんは22年・・・

幸せな犬生、猫生だったんでしょうね・・・

「処分してくれ」と身勝手な理由で管理所に犬を連れてくる人間たち・・・

「うちの犬を引き取ってくれ」ひまわりの家にかかってくる電話・・・

憤りを感じることの多いこの中で・・・



この仔達に触れている優しい姿に・・・私達スタッフも癒されました。

本当にありがとうございました<(_ _)>





あえて命の期限のある仔達を・・・

と家族として迎え入れてくださった皆様・・・









本当にありがとうございます<(_ _)>





「動物保護管理所」と「ひまわりの家」は、同じ敷地内にありますが、

鍵付きのフェンスで仕切られていて、出入りが自由にできなくなっております。

「動物保護管理所」と「ひまわりの家」は別の施設です。

抑留所に入るときには、必ず管理所の職員さんの許可を得て、

管理所の職員さん立会いの下、扉を開けて頂いております。

隣接施設、ひまわりの家スタッフだからといって、

勝手に管理所の施設に入ったり、抑留所の扉に手を触れる事はできません。

管理所の職員さんは通常一人勤務となっておりますので、

勤務の妨げになるような言動は、私達スタッフも控えております。

「感情」だけで「判定」はできませんし、私達スタッフの安易な質問により

職員さんを苦しめてしまう結果になりますので、

どの犬が判定の予定なのかは聞けないことになっております。

私が個人ブログに載せている仔達は・・・全頭ではありません。

事情があり、公の場に載せれない仔達もおりますし、

ギリギリになって載せる事になる仔達もおりますので、どうかご理解ください。

「動物たちの未来のために」は、「みやざき動物のいのちを守る会」「ひまわりの家」とは

全く別のもので、私の個人ブログになっております。

ご意見やご指摘は、「動物たちの未来のために」からメッセージやメールが

送信できるようになっておりますので、あちらの方にお願い致します<(_ _)>

このまま「ひまわりの家」ブログに個人ブログへのコメントが続きますと、

コメントの制限をかけたり、コメントの閉鎖、または・・・

ブログ自体を閉鎖しなくてはいけない状態になってしまいます。

「ひまわりの家」は県との協働事業なので、どうかご理解願います<(_ _)>

一頭でも多くのいのちを救う為に・・・ブログ閉鎖にならないよう・・・

私達スタッフも、試行錯誤しながら記事を書いておりますので

もどかしい部分もあるかと思いますが・・ご協力お願い申し上げます。


同じカテゴリー(過去の記事 2008.4~2009.3)の記事画像
4/6で期限の切れる仔
ひまわりの家の仔達・・・
現在のひまわりの家情報
速報!迷子の黒ラブ
てっちゃんに新しい家族が・・・
緊急!!迷子犬
同じカテゴリー(過去の記事 2008.4~2009.3)の記事
 4/6で期限の切れる仔 (2009-03-31 02:07)
 ひまわりの家の仔達・・・ (2009-03-26 10:56)
 本日の譲渡会 (2009-03-22 09:32)
 現在のひまわりの家情報 (2009-03-19 02:03)
 速報!迷子の黒ラブ (2009-03-15 15:35)
 てっちゃんに新しい家族が・・・ (2009-03-13 10:38)

Posted by ひまわりの家スタッフ at 16:12 │過去の記事 2008.4~2009.3
この記事へのコメント
夢くん、新しい家族が見つかってよかったですねw
愛ちゃんにも温かい家族が見つかりますように。。。

「ひまわりの家」と「動物保護管理所」はフェンスで仕切られたのですね。。。
以前はフェンスがなかったので管理所のワンちゃん達を見る事ができ、ワンちゃん達の寂しそうな表情を見て切なくなったのを覚えています。
「ひまわりの家」のブログが始まってから拝見させてもらっていますが、ブログに載っている内容以外でも管理所の職員の方やひまわりの家スタッフの方達が「命」を救う為に懸命に努力されている姿を実際に見た事があります。
文章で活動全てを伝える事は難しいと思います・・・ですが、多くの「命」を救っている事は紛れもない事実です。
人の意見は十人十色ですが、私個人としてはブログの閉鎖はしてほしくありません。。。
大切なのは、ワンちゃん達の「命」ですよねw

毎回ブログは拝見していたのですが、読み逃げをしていました・・・
久しぶりのコメントで長々とすみません。。。
今後も陰ながら応援しています。
頑張って下さい。
それから、ゆみさんのブログも真実を伝える大切なブログだと思います。
少なくとも私はゆみさんのブログで愛護への想いが強くなった一人です。
Posted by jap at 2009年02月26日 21:46
こんばんは

こちらのブログとゆみさんのブログ、どちらも拝見しております。
他にも全国の様々な方々の動物愛護・保護に関するブログを渡り歩いて読ませていただいています。

皆さん、色々な考え方や思いがありますが 行き着く先は一つ、動物達の命を助けたいということなんですよね。どなたのブログからも伝わって来ます。

ひまわりの家のような存在は全国初、しかも今はまだ唯一の存在です。

誤解や勘違いからくる批判も多いかもしれません。もしかしたら、本当に嫌がらせ的なこともあるかもしれません。

しかし、こちらのブログのおかげで繋がった命も確かにあります。

ですから、ぜひ続けていただきたいです。
新しいご家族の元へ旅立つわんこの笑顔はなにものにも代えがたいものですから…
Posted by びすこ at 2009年02月26日 23:05
素敵な飼い主さんに、温かい手を差し延べて貰えた仔たち…幸せになるんだよ☆絶対に。。。
新しく飼い主さんになって下さった方…どうぞ宜しくお願いします。。。
ひまわりの家に居る仔たちは、一度は人間に裏切られ、傷つけられています。『心』は悲鳴をあげて泣いていたはずです。
でも、傷ついた分、苦しんだ分以上に、何倍も何十倍も優しい仔たちですo(^-^)o
どうか一生、大事にしてあげて下さい。
宜しくお願いします(ρ_;)

私も皆さんと同じ想いです(ρ_;)
動物達の命を繋ぐブログ…閉鎖には絶対させません!!
皆さんがおっしゃる通り…考え方は皆、バラバラです。
それは当たり前の事ですもんね…(>_<)
でも、バラバラの考えの道を歩いていても、最後には、同じ道で繋がるんですよね☆
辿り着く場所は‘動物達を救いたいという想い’…にo(^-^)o
みんな何を言っても、その想いは変わらないから(ρ_;)
だから絶対に、このブログを残し続けなければならないと思います!
動物達への強い想いは、そう簡単にブログを閉鎖させられる様な想いではないはずです!絶対負けない!!"(ノ><)ノ
皆さん…こんな顔も見た事のないネットの中ではありますが、それでも、協力し合って、このブログの存続を願ましょうね(^◇^)┛

以前、アンジュールの文字のない絵本の話を紹介しましたが…
『アンジュール』の絵本の最後…
一番最後には、捨て犬にあたたかい手を差し延べてくれる人間が現れる絵?シーン?があります。
私はその本を見ていて‘手を差し延べてくれてるこの温かい手は、きっと、ひまわりの家のスタッフの皆さんや、管理所職員の方、今まで動物を救って下さった方、これから救いたいという想いを抱いてる方、そしてこのブログに目を通して下さる皆さんの『手』なんだ’って…そんな風に思いましたo(^-^)o

私もいつか、結婚して、子どもが出来た時…読む?というか見せたい本ですね。
勉強なんか出来なくても、スポーツが出来なくても、泣き虫な子に育っても、動物の心の高さにちゃんと向き合える様な『心』を持った子になって欲しいな☆

いつもめちゃくちゃ長くて申し訳ありません"(ノ><)ノ
Posted by 北海道 めぐ at 2009年02月27日 12:57
いつもご活動ありがとうございます。

了解しました。立場を理解してなかった事もあり、あまり考えてないコメントしてしまったかもしれません。申し訳ありません。ひまわりの家のような、行政と協力・理解し、命の大切さを教えてくれる場所はとても貴重です。

私も皆様に学び、影響を受け、過ごしてます。皆様の命を繋げようと頑張る姿、そして現状を伝える大事さを ・・・大勢の方に理解が広まりますように願っております。
Posted by tsubasa at 2009年02月28日 11:04
先程、茶ちゃんを引き取らせて頂いた者です(^O^)

いつも、こちらのブログを読ませて頂いててずっと気になっていたんです。今日の譲渡会も本来は行く予定にしていませんでしたが、なぜかすごい気になって覗かせて頂いたんですね。

そこで出会ったのが茶ちゃんでした。

我が家に来た茶ちゃんには、『バーク』と改めて命名させてもらいましたo(^-^)o初代のうちの犬の名前らしいんですが、父がそれがいいと聞かなくて(笑)

娘達も
『バークのご飯あげたい!』
とか
『バークとねんねする』
とかやたら張り切っています(笑)


命の期限があった事はあえて伝えていません。まだ3歳と2歳、現実を受け入れるまでには幼すぎます。その分、私達親が噛み締めてバークの天命が尽きるまで付き合っていきたいと思っています。

幸い、譲渡会中は忘れてしまっていましたが(笑)、親戚が獣医をしています。心強い味方もいるので、家族7人+バークでのんびり暮らしていけたらな~と思っています。

スタッフの皆様、私達とバークを出会わせてくれてありがとうございました!
Posted by まっちゃん at 2009年02月28日 16:14

<?=$this->translate->_('削除')?>
皆様へお願い