2010年03月20日

お礼とご報告

18日が命の期限だった『ミルク』『ジャック』『クッキー』は、たくさんのお問い合わせがあり、ミルクはその日のうちにお迎えがあり、正式に譲渡されました。
「ジャック」と「クッキー」も予約をしていただき、後日にお迎えに来てくださいます。

命の期限が近づく度に心臓を締め付けられるような苦しい毎日でした。
無邪気に楽しそうにしている子達を見ていると余計に辛かったです。

たくさんの方の励ましやお問い合わせがあり、本当に嬉しかったです。

犬達に惨い仕打ちをしたのは私達と同じ人間でした。
その犬達に救いの手を差し伸べてくださったのも私達と同じ人間でした。
惨い仕打ちを人間から受けたはずなのに、その犬達が自ら飛び込んでいったのは同じ人間ではあっても深い愛情を持つ人の胸の中でした。
初めて会ったはずなのに、嬉しそうに何の不安もなくその人に寄り添いました。
この子達の安住の地が見つかったと思うと、お別れの寂しさよりもこれからのこの子達の幸せな素晴らしい時間を思うと嬉しい気持ちの方が勝ります。

生きる為に生まれてきた命が繋がりました事を心から深く感謝しています。
皆さん一人ひとりの思いがあったからこそ繋がった尊い命です。

全国の皆様にもご心配をおかけしました。
ブログへの転載をしてくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。

惨い人間もいるけれど、それ以上に誠実で温かくて素晴らしい人間の方が多いことが嬉しいです。
今後は、惨い人間にも最善の方法をアドバイスしたりして、不幸な犬や猫を無くすと共に
惨い人間0(ゼロ)を目指したいです。





もうひとつのお知らせです。
会のHPでも報告されていますが、平成22年度「命の架け橋」犬ねこの譲渡推進サポート事業の委託団体募集に応募していました。
昨日19日10時に発表がありまして、「みやざき動物のいのちを守る会」に委託されることが決定しまして、犬と猫の譲渡推進に取り組み殺処分の減少を図る事業を継続する事になりました。
これまでの経験を最大限に活かし、私達は譲渡率をこれまで以上に高めるように努力します。

宮崎県には動物個人保護活動家、動物保護団体の皆さんが日夜、一生懸命に動物のレスキューをされています。
それぞれに活動場所や運営方針は違いますが、動物の命を大切に思い、命を繋ぐ気持ちは同じです。
その皆さんと連携を取り合いながら、お互いに協力して犬と猫が平和で幸せに暮らせるように、手と手を取り合って活動を進めていきたいです。






先日の慰霊祭でも誓ったのですが、無念の死を遂げた犬や猫の為にもこれまで以上に努力したいと思います。

「生きる為に生まれた命」であることを決して忘れてはいけないと思います。
譲渡だけではなく、人間のモラルも変えていくような活動も力を入れていかなくてはなりません。

今回の委託を継続して受けたからには、今までの経験を生かして犬と猫の為に殺処分ゼロを目指してもっともっと幅広い活動をしていこうと新たに思った次第です。


同じカテゴリー(過去の記事 2009.4~2010.3)の記事画像
お礼とご報告
ご報告とお願い
28日(日)譲渡会のお知らせ
イベントのお知らせ
ご報告と里親募集
ご報告
同じカテゴリー(過去の記事 2009.4~2010.3)の記事
 お礼とご報告 (2010-03-31 21:25)
 ご報告とお願い (2010-03-30 10:02)
 28日(日)譲渡会のお知らせ (2010-03-28 01:31)
 イベントのお知らせ (2010-03-26 20:44)
 ありがとうございました。 (2010-03-23 14:02)
 ご報告と里親募集 (2010-03-23 09:34)

Posted by ひまわりの家スタッフ at 01:58 │過去の記事 2009.4~2010.3

削除
お礼とご報告