2009年06月01日

動物たちの未来のために

「ひまわりの家」では金土日3日間かけての施設内と譲渡会施設の徹底消毒。

スタッフ全員疲労もピークに達し、いつ倒れてもおかしくない位でした。

ボランティアさんのフォローがどんなに助かった事か・・・

心強かった事か・・・皆さん、本当にありがとうございます<(_ _)>





「動物保護管理所」も月曜日朝からパルボへの対策に入り、

抑留されていた犬達は・・・全頭殺処分しました。

これ以上の感染を防ぐため、犠牲になった「命」です。

保健所や管理所の職員さんも・・・辛い選択でした。

「増えすぎたからいらない」身勝手な一人の人間、そこから始まった多くの犠牲です。




「ひまわりの家」は、県民皆さんの大切な税金で運営しております。

決して余裕のある資金・運営ではありませんが、

全国の皆様からの温かい寄付金、会員さんからの援助、

スタッフの副業収入等で問題なく稼動できております。

今回、パルボ発生で「ひまわりの家」+「譲渡会場」二箇所だったため、

多くの消毒液、消毒を均等に撒くための機器、

簡易キットでの検査等、大きな金額が出てしまいました。





当面「ひまわりの家」には例え判定で合格した犬でも

パルボを外に出さないために、多くの課題があります。

判定に合格した犬の1週間の隔離・監視、及びワクチン接種・・・

一日でも早く受け入れ態勢を作らなければ、

救われるはずの命を・・・今の私達には・・・選択肢すら残されておりません。




どうか・・・企業・個人の皆様にお願いがあります・・・

私達がパルボ対策に走っている今も・・・

ひまわりの家の仔達、管理所の仔達の保護期限が1日・・・2日・・・

生きられる日が消えていってます。




どうか・・・皆さんの力を貸してください。




「ひまわりの家」の仔達を・・・管理所の仔達を助けてください。




【企業・個人の篤志家の方々へご支援のお願い】





このような書き方・・・多方面でのご批判やクレームもあるかと思います。

もしかしたら私個人の意志で、この記事も削除するかもしれませんし、

削除要請が来てもおかしくないと思います。

「ひまわりの家」スタッフ、会員さん、ボランティアさん、皆さんが「今」と真剣に向き合っております。

私は・・・スタッフ皆さんが頑張っている今、「ひまわりの家」「動物のいのちを守る会」、

責任を取り、いつでも身を退く覚悟を決めて、今回個人的感情を出して・・・

洗い浚い書かせて頂きました。

「今」を乗り越えられないと、先がない・・・




動物たちの未来がみえない・・・と思えたからです・・・<(_ _)>




土曜日に下痢がはじまったこの仔は・・・





パルボに発症した事が今日分かりました。

生きるチャンスが与えられ、ひまわりの家に来た「いのち」でした・・・

この仔をお世話してくれてたボランティアさんが言いました・・・






「この仔は自分の気持ちを表に出さないのよ・・・

 症状が悪化しないようにフードあげれないけど、

 まわりの仔が食べてても決して鳴く事も吠える事もしない。要求する事がない・・・

 もっともっとワガママ言っていいのにな・・・」







同じカテゴリー(過去の記事 2009.4~2010.3)の記事画像
お礼とご報告
ご報告とお願い
28日(日)譲渡会のお知らせ
イベントのお知らせ
ご報告と里親募集
お礼とご報告
同じカテゴリー(過去の記事 2009.4~2010.3)の記事
 お礼とご報告 (2010-03-31 21:25)
 ご報告とお願い (2010-03-30 10:02)
 28日(日)譲渡会のお知らせ (2010-03-28 01:31)
 イベントのお知らせ (2010-03-26 20:44)
 ありがとうございました。 (2010-03-23 14:02)
 ご報告と里親募集 (2010-03-23 09:34)

Posted by ひまわりの家スタッフ at 13:05 │過去の記事 2009.4~2010.3
この記事へのコメント
お疲れさまです。 今回は、1人の人が持ち込んだ仔から始まった感染。 
消毒作業にいつも以上の体力と神経を遣ってる事と思います。
スタッフ、会員さん、ボランティアのみなさんが倒れない様に、くれぐれも無理だけはしない様にして下さい。
Posted by エルモ at 2009年06月01日 19:20
今日午前中子猫の世話に行き、あらためて人手不足

スタッフさんの大変さを痛感いたしました。

仕事をしているめ、毎日というわけにはいきませんが、

落ち着くまではお手伝いにいかせていただきますね。

ブログのほうにも募金のお願いを掲載いたしました。

どうか、無理をされないように。

ひとりで抱え込まないようにしてくださいね
Posted by ごえ at 2009年06月01日 20:23
お疲れ様です。

今回の事は、大変な事だと思います。

動物たちの力になってあげたいし助けてあげたいと思ってます。

スタッフさん、ボランティアのみなさま体調など崩さないように無理だけは、しないでくださいね。
動物たちの明るい未来のためにも。

応援してます。
Posted by Pooh at 2009年06月01日 20:30
みなさんの体の方は大丈夫でしょうか?
精神的にも体力的にも、みなさんかなりダウンしていると思います。。
病気の感染を防ぐ為に、抑留されていた子全頭を殺処分…とても辛い事と思います。
体力的はもちろんの事、やはり‘心’の方がボロボロになるでしょう。。
コメントをするだけで何もお役には立てず申し訳ありません…。
ただ一つ…。このブログに来るみなさんや、ひまわりの家の存在を知るみなさん、お手伝いの方々…みんな同じ想いだという事…一人ではありませんからね!!

ひまわりスタッフのみなさん、自分の体にも気を付けながら、ワンコやニャンコを守ってあげて下さい…
明日の光を見させてあげて下さい…。
まずは体に気を付ける事です、無理はしないで下さいね。
‘命’の音を消してしまわぬ様、私も少しでも出来る事があればと思います☆
Posted by 北海道滝川 めぐ at 2009年06月01日 21:53
関西に住んでて何も出来なくて…えらそうな事言えませんが募金などは出来る限りします!交通費など責任を持ちますし里親にだってなりたい…犬達がストレスでなければ!全国にひまわりの家が出来ればいいと思い続けてます。出来る事何でもします!
Posted by とわっち at 2009年06月01日 23:50
私も自宅に10匹以上抱えております。あらゆる所で可哀想な子を見ますがこれ以上無理と手をさしのべてあげられないときすごく辛いです。でもひまわりの家のスタッフや宮崎の命を守る会の方々は毎日毎日、命と向き合っていらっしゃる...特に今回はもう...
命の重さを感じない人たちは簡単に捨てていく、どうして捨てようとする命を自分に置き換えて考えられないのか理解出来ません。
微力ですが応援させて下さい。
Posted by はな at 2009年06月01日 23:53
とても辛いことでしょう。でも頑張って下さいとしか言えません。ごめんなさい。お母さんとチビちゃんが家族に会えることだけを。お祈りいたします
Posted by まろん at 2009年06月02日 00:33
今回の記事は削除する必要はないと思いますよ。
大変でしょうが頑張って下さい。
陰ながら応援しています。
事後報告となりましたが、今回の記事を全てのブログにリンクさせて頂きました。
不都合等あればご連絡下さい。
Posted by jap at 2009年06月02日 00:54
この過程では、ひまわりの家の皆様の辛すぎる思いがあったと察します。

皆が目を背けてきた現実。

本当に申し訳ありません。今から、もっと私も頑張ります。
Posted by つばさ at 2009年06月02日 08:20
japさんから情報をいただいて参りました。
力及ばずですがご支援させていただきたいと思います。
またブログでリンクさせていただきましたので事後報告ですがお知らせいたします。
コメントで物資支援は何が必要かとの質問がありましたので、特に必要な物資がありましたらお知らせください。
応援しています。頑張ってください。
Posted by エル姉 at 2009年06月02日 10:38
いつも読ませてもらってます。遠いのですが募金、必要物資など協力したいと思ってます。感染した白いカワイイ仔や辛そうな大きな仔の症状はどうなんでしょうか?大変な思いをされてるスタッフの方々や感染したワンちゃん、管理所で死んでしまった仔達の事考えると平和に過ごしてる自分が情けないです。どうか頑張って下さい。どんな協力もします。
Posted by ゆっき〜 at 2009年06月02日 15:59
本当に少しですが、募金させて頂きました。

ボランティア様もどうか体調を崩される事がありませんよう、そして残されたワンちゃん達の回復、ひまわりの家の一日も早い原状復帰をお祈りいたします。
Posted by hiro at 2009年06月02日 16:42
遠方ゆえすぐに駆けつけられない歯がゆさがあり、せめても・・・と、正会員に申し込みさせていただこうと思っています。
Posted by びすこ at 2009年06月02日 21:29
スタッフ、ボランティアの皆さん、大変お忙しい事と思います。
が、隔離・消毒がどの程度行われているのか、寄付金がどの位集まっているのか等の中間報告を、是非ともお願いします。

ひまわりの家には、これからもがんばって活動を続けていって欲しいと思っています。
Posted by 名無しさん at 2009年06月03日 00:43
ぷるーん様経由でウチの嫁はんから、ひまわりの家の事を聞きました。
今回の出来事で天国に召されていった子達は、きっとスタッフ・ボランティアの皆様が、命を救おうと精一杯頑張って来られた事に感謝でいっぱいだと思います。犬たち、彼ら自身からすると、皆様から少しでも生きれるよう心を掛けてもらった事、優しくしてもらった事が、感謝になっていると思います。
きっと皆「ありがとう」って言ってくれていると思いますよ。「ありがとう」は僕がスタッフの皆さんに思った事だから、犬たちは、もっと思ってますよ。

スタッフの皆様にお願いがあります。
きっと乗り越えて下さいね!
動かす体の疲れ以上に、後悔や、自責にある皆様の心中を察っすれば非常に心苦しいです。
皆様がされてる事は、尊い命を救う為に率先して頑張ってられる事です。
私は遠くからしか見守れる事しかできない者にとっては、「ありがとうございます」以外、申し上げる言葉がないくらいです。
是非、困難を乗り越え、これからの救える命のため更なる飛躍を祈念しています!
感謝。
Posted by neneパパ at 2009年06月03日 02:44
スタッフ シン様へ。。

上記、コメント者neneパパの嫁のneneママです。
私のブログ【ねねとトットと時々・・のの】のブログに、昨日、スタッフのシン様からぷるーんさんのブログ経由でコメントを頂きました。
この度は、心身共にお疲れの中、コメント頂き、誠に恐縮です。
本当にありがとうございました。
再度、自身(私)のブログで、シン様にコメントのお返事を書かせて頂いておりますので、また読んで下さいませ。。。

スタッフの皆様。。
どうか個々をお責めにならず、また尊い命と向き合って下さい。
遠くからでも出来る事は必ずあると思いますので、ご協力出来る事は何なりと仰って下さいね!!
ひまわりの家!再開!!心から応援しております!!!
Posted by neneママ。 at 2009年06月03日 05:17

<?=$this->translate->_('削除')?>
動物たちの未来のために